×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







619 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/10(月) 20:33:40 ID:???
常夏がドミニオンのオペレーターだったら

クロト「12時方向よりミネルバ接・近!」
ナタル「迎撃準備!!」
シャニ「なにこのボタン?」
ムルタ「きみぃそれは通信回線を開くボタンですよ」
シャニ「は?」ピッ

明倫「ドミニオンから通信が入っています」
タリア「なにかしら、映像出して」

シャニ「・・・・・」
タリア(・・・・・誰?)
シャニ「なに見てんだよおばさん」
オルガ「この馬鹿!さっさと切れ!」
明倫「・・・通信切れました」
タリア「・・・・・」

オルガ「おい!あっち陽電子砲発射体勢入ってんぞ!!」
ムルタ「どっかでこんな場面に遭遇したような・・」
ナタル「回避ー!!」
クロト「回・避!」
オルガ「なにそわそわしてんだおっさん?」
ネオ「なんか無性に飛び出したい気分になってな・・・なんでだろう・・」

格納庫の3人
アウル「なんか騒がしいね」
ステラ「ステラもおぺれーたーしたかった・・」
オクレ「ん?インパルスからなんかきてるな・・・GJ! ってなにがだ?」


654 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/15(土) 08:39:29 ID:???
アウル「艦橋クルー一日体験キャンペーンっ!!っつーわけでアミダで配役決めっぜ」
オルガ「面白いじゃねぇか」
ステラ「うぇーい」
ナタル「おい!何を勝手に…」

――あみだ実行――

クロト「よっしゃ!砲・撃っ!」
アウル「ちっ…MS管制なんて退屈じゃんかー」
オルガ「副長か…どうせなら艦長のがよかったぜ」
スティング「…おい、俺のとこ空白なんだけど」
アウル「あ、それハズレ。いつも通りパイロットってことで」
スティング「………」
クロト「シャニは?」
シャニ「つうしん…」
オルガ「………ちゃんと喋れんのか…?」
アウル「…ちょ、待てよ…ってことは」
ステラ「ステラ…艦長だよ…うぇーい」

「「「「「……………………」」」」」



ナタル「お前たち!たのむからやめてくれ!!鑑が沈むー!!!」

655 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/15(土) 08:44:23 ID:???
スティング「操舵がいねーじゃねぇか」
アウル「いるよ?」
ムルタ「僕の華麗な戦艦さばきをとくとご覧にいれましょう」
スティング「沈むな、これ」
オルガ「ああ、たぶんな」

656 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/15(土) 09:18:44 ID:???
―戦闘開始―

「艦長、第一戦闘配備の指示を!」
ステラ「うぇーい」

アウル「ミサイル、来るよ!!」
ステラ「うぇーい」

スティング「おい、早くMSの発進許可を!!」
ステラ「うぇーい」

敵鑑の将「わたくしたちはあなた方との戦闘を望みません」
シャニ「なんか言ってるんだけど…うざーい」
ステラ「うぇーい」
シャニ「(通信に応答して)うざいんだよピンク。回線切って首つって死ね」

ステラ「死……いやぁあぁああぁあ!!!!!!」
オルガ「やっべ!おいシャニてめぇ!!」

敵鑑のピンクの将「………………。(マイク握り潰し)話が通じる相手ではないのですね…仕方ありません。キラ、お願いしますわ」
キラ「了解」


ドミニオンあぼーん


…ながながとスマソ
Gジェネ種死はでないのだろうか…
出たらブリッジクルーにこいつら揃えてやってみたいな

742 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/20(木) 21:52:22 ID:???
-6馬鹿職場体験記-

ドミノオン艦橋
ナタル「ぇーもう戦争も終わり、この艦も廃棄される。それにあたり君達はこれからは
    連合のパイロットでも兵士でもない、ただの一般人になる。そこで、職に就けるように
    アズラエル理事から職場体験に行く為の資金を預かった、来週から3日、それぞれ職場を体験してもらう。」

クロト「あのおっさん以外にふとっぱらじゃーん。」
オクレ「まぁこういうのもたまにはいいんじゃねえか。」
オルガ「そうだな、俺らもうMS乗れないから給料とかもねえじゃん。」
シャニ「体験…ウザーイ。」
ステラ「ステラ…体験…がんばる…」
アウル「へっ、俺様はそんなくだらないことよりNBAにスカウトされるに決まってるぜ!!」

-職場体験初日
コンピューター会社にて@アウル&クロト
アウル「おいまたエラーかよ!ふざけんなコラ!」
クロト「くっそ、いい加減フリーズしてんじゃねえよ!!」

電気工事会社にて@オクレ&オルガ
オクレ「おいオルガ、その線とってくれよ」
オルガ「この0.8mmの奴か?」
オクレ「お、サンキュな」

大手スーパーにて@シャニ&ステラ
シャニ「にんじんがおひとつ、たまねぎがおひとつ…ウザーイ」
ステラ「シャニ…おつり…1000円なのに1万円わたしてる…」
シャニ「別にそんな変わらないんじゃない…」
ステラ「でもお客さん喜んでるよ…」

一方食事に出ていたネオ達
ムルタ「んー、今頃皆さんは初めての体験にしどろもどろでしょうねぇ」
ナタル「しかし、そうでなければ。年齢的には彼らはまだ高校卒業して間もないですから。」
ネオ「まーそう固くしなさんな、俺らは俺らでゆったりとした平常生活の体験でもしようじゃないか」
ムルタ「良い事言うじゃないですか。まぁ確かに羽を伸ばす時間もありませんでしたし。」
ナタル「確かにそうですね。補給の時以外は艦に箱詰めでしたし…」
ムルタ「君たちも良くがんばってくれました、これは僕からのささやかなお礼です(10万円)」
ネオ&ナタル「アズラエル理事、どうもありがとうございます…」

一方ジブリは
ジブリ「何で私だけが牢屋に!おい、早く出せ!」