×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







11 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/02(日) 17:13:20 ID:???
ネオ「よーし行こうか、慎ましくな」
オルガ「仮面がなんか言ってるぜ?」
クロト「かっこいいと思ってるんですかねぇあれ」
シャニ「うざーい」
ネオ「・・・・」

190 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/04(火) 00:53:04 ID:???
クロト「あー、諸君」
オクレ「うおっ!? なんだてめぇ、ネオじゃねぇな!」
クロト「じゃーん、僕でしたぁ」
アウル「いいのぉ、勝手に持って来ちゃってさ」
クロト「いやぁ、一度被ってみたかったんだよねぇ。装着!」
オクレ「身長合ってねぇぞ」
ステラ「ネオ……?」
クロト「(え? ばれてない?)やぁ、ステラ、調子はどうだい?」
オクレ「似てねぇ……」
ステラ「うん、ステラ、元気……」
アウル「でもばれてないね」
ステラ「ステラ、次もネオのために、頑張るから」
クロト「え、あ、あぁ……(なんかプレッシャーに耐えられなくなる)ジャーン、僕でしたぁっ!」
ステラ「……??? えぇと、クロト? クロトはネオで……ネオはクロト……足して、ネオクロト?」
クロト「なんで足すのっ」
ステラ「……強そう」
クロト「僕は僕のままで強いからいいのっ」

ネオ「なー、お前ら、俺の仮面知らない?」
オルガ「さっきクロトが見せびらかしに来たぜ」
ネオ「あんのガキゃあ」
シャニ「……おっさん、傷だらけ」
ネオ「やかましい」

342 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/04(火) 18:57:39 ID:???
パイスーのファスナーで“挟んだ”常夏
オルガ・クロト・シャニ「っ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
オクレ「ん?何やってんだお前ら?さっさと着ろよ」
オルガ「ちょ……おま……ぐぅ…orz」
クロト「激……痛ぅっふ……ぐは…orz」
シャニ「いた〜いorz」
アウル「ちょwwwwこいつらwwwwテラワロスwwww」
ステラ「???」
オクレ「……胃がorzナニヤッテンダ」

493 :ムルタ&ネオの災難 :2005/10/06(木) 23:12:27 ID:???
A月B日 ドミニオン内食堂(男5人での食事中)

オルガ「今日の日替わり定食なんだろうな?w」
オクレ「さぁな。食堂のおばちゃんにでも聞いて見なきゃな」
アウル「一昨日は鶏だろ。んで昨日は魚。ってことは今日は牛じゃねぇ?」
クロト「なんで牛なんだよブァ〜カ。豚に決まってるだろ!!」
アウル「あぁん?じゃあどっちが正解か賭け様じゃねえか!」
クロト「ふん。上等だよ。」
オルガ「ぉ、出来上がったみたいだぞ。」
オクレ「さぁて、今日のはどんなかな」

ディ○ッカ「グゥレイト!!!俺の炒飯は最高だぜ!!!」

5馬鹿「!?」

シャニ「…エビチャーハン。」
クロト&アウル「…」
オルガ「てめえらさんざん騒いでたくせにハズレかよ!」
オクレ「ってわけで何かよこせよ」
アウル「まぁしゃーねえか。1つだけだぞ」
オクレ「ハッハッハ!!!もらったぜぇそのエビ!!!」
クロト「てめぇ、それとったらただのチャーハンじゃねえか!!」
オルガ「おめえら両方うるせえよ!」

------------------------艦橋にて
trrrrrrrrrrrrrrrrr
ナタル「なんだ…何!?」
ムルタ「なんなんです、艦長さん?」
ナタル「サブナック少尉達が食堂で騒ぎを起こしてるようです」
ムルタ「薬が切れたんですかね?仕方ないですねぇ。たまにはこのボクが薬を持っていきますよ」
ナタル「いえ、エビの取り合いをしているそうです」
ムルタ「…パキキッ(常夏の薬ビンを握り潰した音)」

-------そのころガーティー・ルー内で
ネオ「いやぁー。あいつらがいないと平和だねぇ。」
リー「まったくですな、大佐。」
オペレータ「12時の方向!ミネルバとインパルスです!!」
ネオ「カオス、ガイア、アビス発進!!!…しまったあああぁぁぁああ」
タリア「タンホイザー撃てえぇええええ」
リー「く…!?」
ネオ「あいつらが居ればこんな事には…」

502 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/07(金) 01:38:35 ID:???
アズ公「おや?誰ですか教室の窓ガラスを割ったのは?お仕置きが必要ですねぇ」

アウル「ス、スス!スティング君が割ってるの見たよ先生!」
オクレ「ちょっ…!アウル!?」
オルガ「俺も見たぜ」
クロト「俺も目・撃!」
シャニ「見たよ」
オクレ「な、おいお前ら!お前らが暴れまわって割ったガラスだろうがぁぁ!」
ステラ「…ス、ステラもスティングが割ったの見た」

アズ公「お仕置きの時間です」

634 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/12(水) 21:19:25 ID:???

スティング「なぁ、オマエは何の秋だ?」
オルガ「はぁ?オマエ何言ってんだよ。突然すぎるんだよ」
スティング「あぁ、ワルいワルい。ほら、芸術の秋とかスポーツの秋とかよく言うだろ?」
オルガ「あぁ、そのことか」
スティング「で、オマエはどうなんだ?」
オルガ「・・・読書の秋だな」
クロト「はん!オマエはいつも読書してるじゃんかよ!バ〜カ!」
オルガ「なんだと、この野郎!やるか?」
スティング「まぁまぁ。そういうクロトはどうなんだ?」
オルガ「ゲームの秋とか言ったらぶっ潰してやるからな…」
クロト「!!!・・・そんなのあるわけないだろ!そうさ、僕は芸術の秋さ!」
オルガ「はぁ?芸術?なんだよ、それ。適当な事言ってんじゃねぇよ!」
アウル「クロトが言ってんのはホントだよ。最近マリオペイントにハマってるみたいだからね」
クロト「な!?」
オルガ「マリオペイント?ハハハッ、マウス片手にお絵かきか?こりゃあ傑作だぜ!」
クロト「うるさい!アウル!オマエ!なんで知ってるんだよ!夜中に自分の部屋でやってたのにさ!」
オルガ「アハハハハハッ!深夜の落書き魔みてぇだ!」
クロト「なんだと!これもみんなアウルのせいだからな!クソ!」
スティング「で、アウルは何の秋だ?」
アウル「スポーツの秋に決まってるだろ!」
スティング「あぁ…」
クロト「ふぅん…」
オルガ「はぁ…」
アウル「な、なんだよ!」
オルガ「ひねりがねぇな」
アウル「オマエが言うな!!」

シャニ「うるさいなぁ…」
ステラ「シャニは何の秋〜…?」
シャニ「は?ウザいよ、オマエ」
ステラ「へぇ…、うざいの秋…」
シャニ「・・・。そうだよ。みんなにウザいって言ってやりなよ。喜ぶよ。」
ステラ「ウザい、ウザ〜い!」
シャニ「(確かにウザいな…)」

ステラ「ネオ〜!」
ネオ「ん?どうしたんだ、ステラ」
ステラ「・・・ウザい!」
ネオ「!!!」
ステラ「ウエーイ!」タタタタッ…

フレイ「何かあったのかしら?」
アウル「あ〜あ、泣いてるよ、ネオ。仮面から涙が漏れてんもん…。」

645 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/13(木) 22:20:54 ID:???
勝手に>>634の続き

オルガ「なあ聞いたか?ステラが仮面の奴にさ…」
シャニ「知ってる…『ウザい』って言ったら泣いちゃったんだろ?」
クロト「面白そうだからおっさんも泣くか実・験!」

クロト「おっさん、おっさん!!」
ムルタ「何です、騒々しい…」
クロト「ウザい!」
オルガ「ウゼぇ!」
シャニ「ウザ〜い」

ムルタ「……お仕置きです」
常夏「!!?」

ステラ「ね…あの…白いスーツの、人…」
アウル「…あれ、半泣きなんじゃね?」
スティング「……見なかったことにするぞ」

667 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/15(土) 21:58:33 ID:???
オルガ「おっさんが凄いか凄くないかで議論になってるぞ」
クロト「どーでもいいよねはっきり言って」
シャニ「薬くれりゃそれでいいしね・・・俺らは」

スティング「なんつーか・・・あんま尊敬とかされてねえんだな、ムルタのおっさんは」
アウル「つーかあいつらに誰かをソンケーしろってのが無理な話じゃね?おっさん相手に限らずさ」
ステラ「ムルタ・・・好きじゃない?ステラはネオ、好きだよ?」
アウル「ムルタのおっさんとネオのおっさんとじゃちょっと種類が違うな・・・」
ステラ「種類・・・?でも・・・アウル、どっちもおっさんって言ってる・・・」
アウル「ああ、そうそう、そういう種類は一緒一緒。どっちもおっさん。」
スティング「まあ・・・どっちもおっさんだな、確かに。」
ステラ「おっさん・・・」
オルガ「あー、そうだな、もう凄いとかどうとか置いといておっさんはおっさんだよな」
クロト「ですね。アズラエルはおっさん、が結論ってことで。おっさん、おっさん。」
シャニ「ただのおっさん・・・」


ネオ「おっさんじゃない・・・!」
ムルタ「いいんです、もうおっさんで・・・慣れてますから・・・ウッ…」

814 :通常の名無しさんの3倍:2005/10/26(水) 20:23:55 ID:???

ステラ「…あれ?」
スティング「ん?どうしたステラ?」
ステラ「オルガたちがいないの」
アウル「あ〜、そう言えばいないね」
スティング「静かで良いじゃねえか」
ステラ「げきめつ!」
スティング「真似せんでいい」
ステラ「うざ〜い」
スティング「orz」

その頃、豚箱
オルガ「待て、俺は何もしてねぇぞ!」
シャニ「俺もしてないって」
クロト「冤!罪!」
オルガ「いや、お前はエミュってただろ」
クロト「異議!!あり!!」ババーン!
シャニ「自分で言ってたじゃん」
クロト「ぐはぁ!有!罪!」
オルガ「だぁー!弁護士呼べーーー!!」